性欲がある人は他人よりエロいと気が引けてしまうかもしれません。しかし性欲に関しては無いよりもあったほうが生活が豊かになると考えています。当サイトではそんな性欲に関する話題を中心に取り扱っていきたいと思います。

公開履歴
電車でスマホを見る男性

性欲の強さは男性ホルモンの値によって決まるとされ、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が多い人は、同時に性欲が強い傾向にあるとされています。
自身をはっきりと主張する人、自身の意見を強くもっている人、判断力、決断力をもっている人、たくましい肉体と筋肉を誇っている人はテストステロン値が多いとされ、性欲が旺盛で、生殖能力も高いといわれています。
テストステロン値は生まれつき決まっており、生活習慣などによってある程度の上下はありますが、元々その人自身の持っている上限は変わらないとされています。
またひとしく性欲にも生まれつきの値があり、性欲の高さは、その人本来の生まれ持った特性であるといえます。
性欲をつかさどるホルモンであるテストステロンを増やすことは難しいですが、逆にテストステロンは生活習慣やストレスなどによって容易に減少し、同時に性欲も著しく後退してしまうといわれています。
ストレスの過剰や生活習慣の乱れはテストステロンの減少による性欲の減退のみならず、男性自身の勃起不全など、性生活にも悪影響を与えてしまう可能性があるため、元々持ち合わせていた性への欲求を保つためにも、生活習慣を正し、ストレスを溜めすぎないことが肝要になります。
テストステロンには上限があり、元々その人の持っていた性質を大きく変えることは難しいですが、ある程度にテストステロンを増やし、性への欲求を高めることは可能なことではあります。
その1つの方法としては筋肉を鍛える、というものがあり、男性ホルモンであるテストステロンは強い筋肉を作りだすホルモンでもあるため、筋肉に刺激を与えることでテストステロンが分泌され、同時に性的欲求も増幅させることが可能になるのです。

記事一覧

日本は、EDと呼ばれる勃起障害で悩む人が増えています。 EDの症状や性欲の減退は、うつのサインとして...

スマホを使用している男性

夫婦生活を継続していくにおいて、いわゆる夜の営み、性行為は欠かすことができないものです。 もちろんプ...

パソコンを見ている男性

性欲は不潔な存在だと日本の教育では教えられていますが、それはヒトなら誰しも必ず所有している自然な感覚...

スマホを見ている男性

本能的な欲求は世間的に悪いものだと言われています。 食欲や睡眠欲、そして性欲、こういった欲求を抱く事...

パソコンを使う男性

幸せな結婚生活を営むためには、夜の夫婦生活も非常に大事です。 定期的に夫婦で夜の生活を楽しむことで自...