性欲がある人は他人よりエロいと気が引けてしまうかもしれません。しかし性欲に関しては無いよりもあったほうが生活が豊かになると考えています。当サイトではそんな性欲に関する話題を中心に取り扱っていきたいと思います。

性欲は多いくらいがちょうど良い

スマホを見ている男性

本能的な欲求は世間的に悪いものだと言われています。
食欲や睡眠欲、そして性欲、こういった欲求を抱く事は良くないと私たちは教育を通じて教えられています。
しかし、本能的な欲求こそ人間の成長に欠かせないものです。
有り体に言えば性欲は男性を社会的な成功に導くものであり、「英雄色を好む」は紛れも無い真実となります。
良し悪しは別として歴史的な偉人や偉業を成し遂げた人物には、多くの場合、愛人が存在しました。
あるいは子沢山な家庭だった事が多く、ポテンシャルの高い男性ほど、恋愛やセックスへの意欲も強く、そういった傾向が見て取れます。
中世の時代では側室や愛人が制度化されていた事もあり、一夫多妻制が常識だった時代と地域もあります。
ただ現代社会において、ところ構わず性欲を発揮するのは危険です。
しかし、ITや情報が発達したデジタル社会においても、依然として性欲は男性を成功に導く重要な燃料となります。
恋愛やセックスの意欲が強い男性程、若々しい心身を維持できます。
禁欲は男性にとって一種の自傷行為であり、メンタルと肉体の老化を自ら招くものです。
むしろ性欲は多いくらいがちょうど良く、溜まった欲求はスポーツや創作、ビジネス等で昇華すれば、周囲の人々の迷惑にはなりません。
私も何度か会社の飲み会の時にお世話になりましたが、札幌コンパニオンのような女性を呼んでのハメを外した飲み会だったり、会社の同僚とちょっとキャバクラや風俗に行くなどしてストレスや欲求を消化しています。
また、マスターベーションもまた性欲の健康的な解消法です。
習慣的に行う事で、男性特有のがん予防にも繋がり、性欲の維持と増進が図れる長所もあります。
精力旺盛な状態を維持できれば肉体と精神も若々しく維持出来ますし、芸術やビジネス、スポーツの分野において素晴らしい成果を残せます。
大業を成し遂げた小説家や漫画家の多くが、俗にいうスケベな性格だった事は有名であり、恋愛やラブコメを題材に出来るのは、創作に充てられる豊富な性欲が根底にあったためです。
自分の性欲がありあまるほどあっても、パートナーが性病を発症してしまった時はすぐに薬で治してあげましょう。
浮気などではなく、常在菌などが原因で発症してしまう症状などもありますのですぐに怒って別れるということはやめた方がいいです。
そのような性行為だけが原因ではない性病の一つにトリコモナス膣炎というものがあります。
この性病は温泉やプールなどでも感染する可能性がありますので、症状が現れた時はすぐに医師に診てもらいましょう。
また、トリコモナスはお風呂でも感染するので注意が必要です。
性行為よりは感染の確率は少ないですが、水が多い環境下なのでトリコモナス原虫が死滅しにくい場所であると言えます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧